スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

☆marinの手術☆

 今日は、春らしい天気です。


最近、天気の変化が凄かったので。。。

なんとなく、気持ちがいいな。



さて、今日は、動物病院に行ってきました。

愛犬marinの、抜糸・・です。

おりこうさんに、してくれていました。

すべて、抜くことは出来なかったケド、
傷口はきれいで、良い!とのこと。

薬をまた、1週間分いただいてきたので、
飲み終えた頃、また、病院に行き、
残りを抜糸・・・してきます。

             marin

marinは・・・・・・・

来月、9歳になるゴールデンレトリバーの女の子。

一回も子どもを産んでいなかったmarin


子宮の病気になってしまいました。

『子宮蓄膿症』・・という病気でした。

産まないのなら、避妊手術を早めにしていれば、防げた病気だそうです。

出産経験が無く、なおかつ避妊手術をしていない・・・・子が・・・・
(7歳くらいから・・・)かかりやすい病気だそうです。

marinは・・・
2月下旬に、
急に、食欲がおちて、水をガブガブ飲んで・・・それでも、最初は元気がありました。
 (これが、子宮蓄膿症の症状・・・なのだそうです。)

おなかの辺りが、パンパンしていて・・・
今思えば、胃も圧迫されていたから、食べれなかったのかもしれません。


動物病院の先生は、高齢だから、手術はなるべくしないほうがいいかも・・と。

なので、最初は、薬を使った内科的治療をしていました・・・

でも・・・・
あっという間に、どんどん具合は悪くなっていきました。

とにかく、ヒドイ吐き気。
大量の水?を吐いていました。

そのうち、水さえ飲まなくなり、(飲めば吐くので、それが辛いんだと思います。)

日に日に弱っていくのがわかって・・・。

とても、苦しそうで、苦しそうで・・・

毎朝、『・・・・死んでるんじゃないか・・・』という、不安で、目が覚め
夜中も、少しの物音でも様子を見に行ったり・・・

(何回目だったかな・・・)病院の血液検査で、数値がかなり悪くて、
測りきれないオーバーという数値も何項目か・・・あった。

特に、腎臓、白血球が、悪かった・・・。

手術をしても・・・助かるか・・・助からないかは・・・神様のみ知る・・

みたいな事言われました。

手術に耐える体力があるか・・・不安でした。

でも、何もしないで、ただ死ぬのを待つより、手術した方がいい!
という結論を出して、手術に臨んだわけです。

(・・・もっと、早く、・・・具合が悪くなってすぐの段階にでも、手術をすればよかったのかも・・
と、自分たちを責めました。)

まず、その日はそのままmarinを入院させて・・・
その翌日にでも、手術が出来れば・・・ということでしたが、

翌日は手術の予約が何件かあるそうで・・・合間を見てmarinの手術をする。。。
と、行ってくれました。

先生は、(手術を)

『明日の夜にはするから・・・』から、『・・・・やっぱり昼にする・・・』

しばらくして、『状態見て、朝になるかも!任せてもらえる?』・・・と。


もちろん、すべてを先生におまかせして・・・一旦、家に帰りました。

すると、家に帰ってから、すぐに、電話が・・・・・。

『・・・状態が良くないので、これからすぐに、手術を行います』という、電話でした。



夜間の緊急手術・・・・。

家族全員、手術が無事に終わるのを、祈りながら待合室で待ちました。




取ったものを、見せてもらいましたが・・・・
凄かった・・・・

はち切れそう・・・な、内臓(子宮)

破裂していたら・・・大変だった・・・。


ともかく、先生の迅速な対応のおかげで、無事に手術も終わって、
あとは、回復をまつのみと、なりました。

毎日、病院に通い、点滴しているmarinを励まし、回復を祈り
・・・そんな、日々でした。



今だから、ブログに、書ける・・・けど・・・・・ね・・。

ホント、精神的に、とても辛かったデス。

marinの生命力・・・・・・涙が出るほど、うれしかった。

           
これからも、大切に、育てていきます。


読んでくれて、ありがとう。


posted by: ジャスミン | 愛犬 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

眠れぬ日々

こんにちは


なかなか、更新できずにいました。



家族の一員・・我が家の愛犬が、病気になり、

入院・手術・入院・・・の日々でした。


手術は、成功したのですが、体力・数値が・・・回復しないと退院は無理
・・・という事で・・・

すぐに退院とはいかなかったのです。

手術は成功したけれど、状態はあまりよくなかった・・・ので、

心配で、眠れぬ日々を過ごしていました。



・・・が、

お陰様で、21日に、退院できて、ただいま療養中です。

日に日に、回復してきています。

食欲も、戻りつつあります。


明日、手術跡の抜糸しに、病院に行ってきます。


今は、『ほっ・・・』としています。


ほんと、良かった!


・・・・・ゆっくり、眠れそうです。


                 はずかしいワン






 
posted by: ジャスミン | 愛犬 | 16:13 | - | - | - |